敬老の日に貰って嬉しいプレゼントは?

subpage1

敬老の日に何を挙げようか、このような悩みを持つ人も多いかと思われますが、敬老の日に貰って嬉しいプレゼントの多くは手紙といいます。

敬老の日における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

手紙は何度でも読み返すことができる、読み返すたびにその人のことを思い出せるからうれしいと答える人もいますし、お金をかけられるよりも心のこもったものが良い、普段あまりいってくれないことが手紙に書いてあると感動するなどの回答をしている人もいます。



お花も敬老の日に貰うと嬉しいプレゼントの一つになっているようですが、花は部屋の中をあかるくしてくれて気持ちが楽になる、普段花を買うことが少ない人など普段とは違った華やかさで喜びを感じるのではないでしょうか。そもそも敬老の日は、親孝行の徳を参考にした村の活性化を目的にしたイベントが広まり国民の休日として定められた日です。



親孝行の徳とはその名の通り親孝行をすると徳をすることがあるなどの意味があるわけですが、豪華なものをプレゼントするのも良いけれども気持ちがこもっていなければ意味がありません。
感謝の気持ちを伝えるのであれば手紙が一番、何かプレゼントしようと考えているけれども思いつかないといったときなど手紙を書いてみるのがおすすめです。もちろん、お花が好きな人であればお花を購入するのも良いけれども、単にお花やそれ以外の品物だけを敬老の日に贈るのではなく手紙を何気に添えるなどで感動して貰えたり、大喜びしてくれるのではないでしょうか。

敬老の日のみんなの常識

subpage2

国民の祝日に関する法律では敬老の日は9月の第3月曜日となっていますが、老人福祉法では毎年9月15日を老人の日、21日までの1週間を老人週間としています。老人の日はハッピーマンデー法によって敬老の日が移動してしまい、それに反対する声が多かったために制定されたものです。...

more

敬老の日の最新情報

subpage3

ハッピーマンデーが導入され敬老の日は毎年9月の第三月曜日、2021年は9月20日になりますが2025年は9月15日で2026年は9月21日などその年により最大1週間のずれが生じます。敬老の日はお年寄りに感謝を込める祝日でもあり、毎年日付が変わると本来の意味が損なわれてしまう、このようなイメージおよび考えを持つケースもあるわけですが従来通り9月15日が良いのかハッピーマンデーにより現在用のように9月の第三月曜日が良いのかは考え方次第で変わる部分といえましょう。...

more

大事な敬老の日の事

subpage4

9月の第3月曜日は祝日で、「敬老の日」となっています。かつてこの祝日は9月15日と決まっていました。...

more

知りたい敬老の日事情

subpage5

養老の滝伝説は、敬老の日に関係している伝説といわれています。これは敬老の日が広まる前にある村で行われた老人会を開催するときに参考にしたものであり、敬老の日にどのようなものを贈ろうか悩んでいる人にも把握して貰いたい伝説といっても過言ではありません。...

more